さて、秋のツナガリは、ワークショップもりだくさんの「ツナガリ文化祭。
 
 
ショウザエモンのブースもワークショップ仕様ということで・・。

広々。
展示用のはんこが少ないという言い方もできますがね。
今回、布を忘れてatsukoさんに借りたので、雰囲気がいつもと若干違うかもしれません。

さて、今回が初のワークショップとなった、ショウザエモンですが、
ほんと、正直どうすればいいのか悩みました。
ワークショップというのはどういうふうに進めたらいいものか。
どういうふうに説明すると伝わるのか。
わたしの普段の仕事というのは、ある意味毎日がワークショップみたいなところはあるんだけど、
それが活かせないかなぁ・・とか。

そんなこんなで初ワークショップ。
ちゃんとできてなかった感がすごくありますが、怪我なく終わったことが一番よかった。
はんこのワークショップを今までしようとしなかったのは、
一瞬で失敗作になってしまう可能性があるということと、怪我の心配があること。
今回も、だから、不安で、実は絆創膏を多量に用意していました。

最初のお客さんの作品。
自分以外の人が彫ったへびは、なんとも言えないかわいさがありました。
自分が彫ったはんこが子供なら、ワークショップで生まれたはんこは孫のような感じ?
子も孫もおらへんからわからんけど。

それから、友人がたくさん来てくれたのが嬉しかったです。
友人と、その友人を介して知り合った人たちと。
そしてその友人がFLIPFLOPさんとつながったのも嬉しかったです。

今回のツナガリでも、本当にいろんな人のお世話になりました。
こうやってまた、わたしみたいなのでも続けていけたらいいなと思うのです。
ほんとにみなさん、ありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
さてさて、わたしもやらせてもらいましたよ。
ガリ版体験。
 
初めてやりましたが、めちゃくちゃ楽しかったです。
散々悩んで描いたシマウマさんが、意外に好評だったりしてうひひだったのです。

  • -
  • 21:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
へびさんのワークショップ、
楽しかったです(*≧∀≦*)
あらためて、ショウザエモンさんの
匠のわざを感じました♪
ガリ版、体験下さってありがとうございます◎
人生初、しかも、経験不足で見切り発車でしたが、
楽しんでいただけてよかったです◎
刷ってすぐに買わせてほしいと言われていた
ショウザエモン、さすがでした。
ガリ版体験、いつでも言ってくださいね。
メキシコなお友達にもよろしくお伝えくださいね。

ショウザエモン…と呼び捨て、
すみません(ToT)

そして、プレゼントありがとうございました♪
大切に使わせてもらいます(*^^*)
  • conoca
  • 2012/10/30 01:05





   
この記事のトラックバックURL : http://hankozaemon.jugem.jp/trackback/182

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

Search

        

Archive

Mobile

qrcode
       

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM